ペットボトルの水の保存方法で知っておくべき2つのポイントと開封後の安全な飲み方を解説,ペットボトル,ペットボトル 賞味期限



「ペットボトルの水の保存方法で知っておくべき
2つのポイント」

「ペットボトルの水の保存方法で知っておくべき2つのポイント」

イメージ画像

ご家庭ではペットボトル入りの水をどのように保存されていますでしょうか。人が生きる上で不可欠な水は、健康や美容、生命維持のために摂取しますので、安心して飲めるものでなければいけません。ただし、水は保存方法を間違えてしまうと腐る恐れがありますので、正しく理解しておくことが大切です。

今回は、安全にペットボトルの水を保存するためのポイントと、いつも新鮮で美味しい水が届くと評判の宣伝水について紹介します。

そもそも「水が腐る」とはどういうこと?

一般的に、水が臭くなったり、色が濁ったりして飲めなくなる状態を「水が腐る」と表現します。食べ物が腐るのは細菌が有機物を分解することによるものですが、水はそもそも無機物ですので水そのものが腐ることはありません。「水が腐る」とは、水の中に不純物が入り込んだ状態で放置した場合に、その不純物が細菌や微生物により分解されて生じる現象です。

水が腐ると「雑巾のような匂い」と表現されることがありますが、硫黄のようだと感じる人もいます。特に、ペットボトルの開封後は空気中に漂う細菌が入り込みやすく、保存条件によっては中で雑菌が繁殖して水が腐ることがありますので注意が必要です。

ペットボトルの水を安全に飲むための保存方法

一度にまとめ買いをしてたくさんのペットボトルを備蓄しているというご家庭では、大量にあるペットボトルを安全に保存するにはどうしたらいいのと不安に感じる方もおられるでしょう。ペットボトル入りの水は、未開封の場合は科学的に腐ることはありませんので、消費期限まで品質が保証されています。未開封なら冷蔵保管する必要もなく、直射日光が当たる場所、高温になる場所を避けて保存しましょう。

ただし、ペットボトルの性質上、匂いがする場所に長時間置いておくとフタや容器にまで匂いがついてしまい、ひどい場合は中にまで移ってしまうケースもあります。ペットボトル入りの水を保存する際には、匂いの強いものと一緒にしないように注意してください

ペットボトルの開封後の消費期限

ペットボトルで販売されている水は、常温保存の状態で陳列されていますが品質に問題はなく、ラベルに表示されている消費期限まで有効です。ただしそれは未開封のペットボトルであることが条件であり、開封後の消費期限は1日となります。

特にペットボトルを口に直接つけて飲んだ場合、唾液と一緒に多くの雑菌が入り込み、水が劣化しやすくなっていますので注意しましょう。開封後も冷蔵庫で保存すれば消費期限は少し伸びますが、いずれにせよ早めに飲み切ることが大切です。注意点としては、ラベルに書かれている消費期限は開封前のものに限られますので、開封後は無効となることを認識しておく必要があります。

ペットボトル入りの水をグラスに入れて飲むなど、直接口をつけていないから安心と思っている人も中にはおられます。ですが実際は、口をつけていなくても開封して空気に触れた時点でペットボトルに雑菌が混入しますので、認識を改める必要があります。ペットボトル入りの水は、開封した瞬間から劣化が始まっていると考えておきましょう。

開封後のペットボトルの水を安全に飲むポイントは2つ

ペットボトル入りの水は、開封したらすぐに飲むことが鉄則ではありますが、開封後も水を安全に飲むことができる方法があります。ペットボトルの開封後であっても、水を沸騰させることで1週間ほど長く飲むことができるようになります。これは沸騰させて水の中に混入している雑菌を殺菌することで、劣化する前の水に戻す方法です。

さらに、煮沸してすぐに滅菌処理した保存容器や水筒に入れておけば、1週間以上持たせることも可能です。間違ってペットボトルをいくつも開封してしまい、すぐに飲みきれないという場合でも安全に水を飲むための有効な方法ですのでぜひ試してみてください。とはいえ空気に触れれば水は劣化することには変わりはありません。安全に美味しく飲むためには、可能な限り早く消費することが理想となります。

新時代のミネラルウォーター「宣伝水」の特徴

近年新しいかたちのミネラルウォーターとして注目を集めているのが「宣伝水」です。ユニークな名前でも興味を引く商品ですが、これは好きなラベルにデザインできるオリジナルミネラルウォーターです。宣伝水は熊本・阿蘇のメイスイを使った天然水で、ミネラルウォーターの製造販売を40年近く手がけるペットボトルウォーターの老舗企業により製造されています。

熊本県阿蘇地方に位置する阿蘇山カルデラ地形に育まれた阿蘇の天然水は、ミネラルを豊富に含む天然水として日本全国に知られています。宣伝水は、人々が安全に口にできるよう、阿蘇の天然水を銀活性炭、マイクロフィルターでろ過した後、さらに紫外線殺菌を行い、旨味を損なわずにボトリングすることを実現しています。新鮮なまま充填された宣伝水は、まろやかな口当たりと水本来の自然な味が他のミネラルウォーターと一線を画するポイントです。賞味期限は製造日より1年間となりますので、いつでも安全に使うことができます。宣伝水はそのままでも美味しくいただけますが、お茶、コーヒーはもちろん、お酒の水割りや赤ちゃんのミルク、お料理にいたるまで、あらゆる用途に安心して利用することができます。

「宣伝水」はなぜいつも新鮮に飲めるの?

宣伝水として使用される阿蘇のメイスイは、地下150メートルから汲み上げた天然水の原水を工場へパイプラインにより送られます。その原水は銀活性炭フィルターによってろ過された後、特殊セラミックフィルターでろ過され、さらに0.5ミクロンと0.2ミクロンの2種類のマイクロフィルターでろ過工程を進みます。4重ものフィルターろ過を行うことで、より安全で美味しい商品を消費者の元に届けられるように考えられているのです。しかも原水に近い新鮮さと風味を残すため、宣伝水は紫外線による非加熱殺菌処理を採用しています。こだわり抜いた製造方法により宣伝水は自社工場での一環生産で製造されています。

どれだけ優れた原水・製造方法であっても、まとめ買いをすれば結局他社のミネラルウォーターのように、保存方法や安全性に不安を感じるという方もおられるでしょう。ですが、宣伝水の大きな特徴として、一度に飲まない場合は「1年間の分納(分割納品)」ができるという点があります。つまり、その都度新鮮なお水が届くシステムとなっていますので、安心でなおかつ在庫の賞味期限管理が不要ということになります。

しかも宣伝水は120本からという少ない数から発注ができますので、お試ししてみたいという方にも気軽に利用できます。また、無料で試飲ができるサンプルの用意もあり、各種2本まで、最大8本まで依頼することが可能であることも商品に自信があるからできることでしょう。ペットボトル入りの水ならいつでも美味しく新鮮な水が飲めますし、常温での保存も可能、宣伝水なら自分だけのオリジナルミネラルウォーターが作れますので、お店の販促や展示会のサンプリング品としても利用できます。

新鮮な水を飲むためにも保存方法を押さえておく

ペットボトル入りの水は開封した時から空気に触れて劣化が始まります。安全で新鮮な水を飲むためには、沸騰させて飲む方法など開封後の保存方法を正しく理解しておくことが重要です。阿蘇のメイスイを使った宣伝水なら120本から注文ができる上、1年分を分割納品にすればいつも新鮮な水が届けられますので非常に便利でお勧めです。

△ページ 先頭へ戻る△

【宣伝水へ戻る】




宣伝水について
ラベルひな形
お水について
実績紹介
よくある質問
お役立ち情報

「阿蘇のメイスイ」製造・販売 丸富産業株式会社
〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南3-15-12 B1F
   TEL:045-271-1188  FAX:045-482-9077

宣伝水Rは丸富産業株式会社の登録商標です。
Copyright (C) Marutomisangyo Corporation. All Rights Reserved.