ペットボトルの形状はなぜ違うの?気になる真相を徹底解明,ペットボトル,オリジナルラベル,ペットボトル 形



「ペットボトルの形状はなぜ違うの?
気になる真相を徹底解明」

「ペットボトルの形状はなぜ違うの?
気になる真相を徹底解明」

イメージ画像

みなさんはペットボトルを手に取ったとき、ペットボトルの種類によって形状が違うことに疑問を持ったことはありませんか?ペットボトルをよく見てみると、丸い形をしていたり四角い形をしていたり、厚みがあるものや薄いものなどさまざまな形状のものがあります。フタの色も白だったり透明だったり飲料ごとに違います。

デザインこそ少しずつ異なりますが、ペットボトルは基本的にはちゃんと理由があってこのような形状の違いを持っています。そこで今回はペットボトルの形状の違いについての真相を徹底解明していきます。

丸型(まるがた)と角型(かくがた)って?

まず分かりやすく差を見ることができるのが、ペットボトルの形状が“丸型”か“角型”かどうかです。この2つの形状の違いは「中身が炭酸飲料かどうか」「注ぐ飲料が熱いかどうか」によって違います。それぞれの特徴をみていきます。

丸型ペットボトル

炭酸飲料をペットボトルに入れると、ペットボトル内部から圧力がかかります。丸型のペットボトルは中身の圧力を容器に均等にかけることができる構造になっているので変形しにくく、ペットボトル内部からの圧力に強いのが特徴です。逆に角型ペットボトルの中に炭酸を注入し、しっかりフタをした上で軽く振ってみると角型の容器は内部からの圧力のかかり方の差によってパンパンに膨らんでしまいます。

角型ペットボトル

丸型ペットボトルは容器の内部からの圧力に強い構造をしていましたが、角型ペットボトルはその反対です。中身の飲料が殺菌処理(加熱による殺菌)を行ってから充鎮される場合、熱い飲料をペットボトルに注いでから冷却すると今度はペットボトル容器外部からの圧力がかかります。外部からの圧力に耐えられるようにするため角ばった構造をしている必要があるのです。また角型ペットボトルはただ角型になっているだけでなく、ペットボトル表面に凹凸加工が施されています。これは「減圧吸収パネル」といいペットボトルにたくさんの角をつくることでより強力に外部からの圧力を押さえることができるというものです。ちなみに丸形のペットボトルに熱い飲料を注ぎ冷却すると、外からの圧力に耐えられなくなった容器は凹むような形で変形してしまいます。(※)

※ボトルの圧力への剛性はボトルの厚み・強度により変わる為上記の内容は一例となります。

機能によって違う形状

前項では形状の違いという切り口からその特性についてご説明させていただきましたが、今度は機能別によるペットボトルの形状をみていきましょう。ペットボトル容器に求められる機能は主に「耐熱性」「耐圧性」「耐熱圧性」の3つです。それぞれ詳しく解説していきます。

耐熱性ペットボトルの外見特徴

耐熱性ペットボトルは厚くて硬く、丸形や角形がありますがどれも表面に凹凸加工が施してあるのが共通の特徴です。また、フタ部分は白色やオレンジ色であるものが多いです。

耐熱性ペットボトルの機能

お茶や果汁飲料、一部のスポーツ飲料などは80℃〜90℃の高温で殺菌処理をしてからペットボトルに注がれ、冷却されたのち出荷されていきます。耐熱性ペットボトルの大きな特徴である厚みと硬さは高温で充鎮される熱によるペットボトルの変形を防ぐためです。また、ペットボトルの口が白色やオレンジ色をしているのは熱い飲料を注ぐときにペットボトルの口が変形しないよう工夫されています。また、熱い飲料は冷却されると体積が縮むため内部減圧します。その際の減圧に耐えられるようにペットボトルには凹凸加工(減圧吸収パネル)が施されているのです。このような耐熱性ペットボトルに利用される飲料としては、お茶果汁飲料スポーツドリンクなどが挙げられます。

耐圧用ボトルの外見特徴

耐圧用ボトルは主に炭酸飲料に用いられます。外見の特徴としては、丸くてつるつるとした凹凸のない表面、熱くて硬い容器、ペットボトルの口は透明であることが多いです。また、耐圧用ボトルは底部分の形も特殊な構造になっており、5つの半球状の突起をもっています。

耐圧用ボトルの機能

ペットボトルに炭酸を注ぐと、内部から圧力がかかるようになります。内部の圧力に部分的な差ができるとペットボトルが変形してしまうため、できるだけ均等な圧力がかかるように丸形になっています。底が特殊な形をしているので炭酸のガスの圧力に耐えられる、かつ自立できるようにつくられた形状で「ペタロイド」と呼ばれます。また、フタを開けると飲み口部分にミゾができているのを確認することができます。これはキャップを開ける際にガスが抜けるようになっており安全に開封することができる工夫です。このような耐圧用ペットボトルに利用される飲料としては、炭酸水コーラなどの炭酸飲料関係が挙げられます。

耐熱圧性の特徴と機能

耐熱圧性ボトルは耐熱性ボトルと耐圧性ボトルの両方の機能を併せもつ構造のペットボトルです。耐圧性ペットボトルとの見分け方はボトルの飲み口が白色やオレンジ色かどうかです。
耐熱圧用ペットボトルに利用される飲料には果汁入り炭酸飲料などがあります。

無菌用ボトルの形状と性質

ペットボトルの中には、「無菌用ボトル」と呼ばれるものもあります。無菌用ボトルは薄く柔らかいものが使用され、形は定まっておらずさまざまな形状のものがあります。ペットボトルの飲み口部分は透明です。

無菌用ペットボトルは、果汁飲料のように高温による殺菌をせずに充填し、炭酸による圧力もないため薄く柔らかい素材を使用することができます。柔らかい素材は潰しやすく、軽量化がはかれるため省資源です。また、柔らかい素材ですが強さを維持しなければいけないので表面には特殊なミゾが加工されています。これにより注いだり自立する際にも安定した形状を保つことができる他、輸送の際にも積み上げて運ぶことが可能になります。このような無菌用ペットボトルに利用される飲料としては、ミネラルウォータースポーツドリンクなどが挙げられます。

各種ペットボトルの特性

お手頃に使用されるペットボトル容器には300ml丸型330ml角型500ml丸型500ml角型と種類があります。先程は飲み物の性質や製造工程による容器の形状の違いをご紹介しましたが、今度はペットボトルを利用するという視点からみた形状の特徴とメリットをみていきましょう。

300ml〜330mlサイズ

300ml前後の量のペットボトルはカバンに潜ませるのにちょうどいい量です。500mlだとカバンに入れるとパンパンになってしまう、重くて持ち運びしにくいという方にはうれしいサイズです。特に小さなカバンを持ち歩く女性の方におすすめなサイズだといえます。また小さなお子様でも持ちやすい大きさですね。

500ml〜550mlサイズ

水筒代わりとして持ち歩くのにぴったりなサイズ感であり、満足な量の水分補給ができる、かつカバンにもおさまるギリギリのぴったりサイズです。またボトルが大きい分ラベル面積が大きくなるので、商品の特徴を十分にPRすることができ、素敵なデザインのボトルが多いです。

宣伝水でオリジナルラベルのペットボトルを作ってみよう

宣伝水はミネラルウォーターの為、これまでに紹介した丸型ペットボトル・角型ペットボトルのどちらでも作ることが可能です。丸型ペットボトルは凸凹加工の無い平な面に紙製のラベルが皺にならずぴったりと装着することができます。紙製ラベルは耐水性はありませんが納期が短く、単価もお安く作ることが可能です。逆に角型ペットボトルは形状(凸凹加工)が均一ですので、広い範囲にフィルム製ラベルを装着することが可能です。デザイン面積が広くなりデザイン性が高くなりますが紙製ラベルよりも納期がかかります。

さらに宣伝水はボトルのサイズも女性や子供にピッタリの小さいサイズ(300ml・330ml)十分な水分補給が可能で大きくデザインを入れることができる通常サイズ(500ml)から選ぶことができます。
展示会やノベルティアイテムとして配布する場合は受け取ってもらいやすい小さいボトルで作ることもでき、逆に自社のロゴやキャッチコピーなど広告を入れて作る場合や会議、野外イベントで使用する場合には通常サイズで作ることができます。

宣伝水はご使用シーンに合わせてボトルサイズやボトル形状、ラベルの素材を選択して作ることが可能です。

△ページ 先頭へ戻る△

【宣伝水へ戻る】




宣伝水について
ラベルひな形
お水について
実績紹介
よくある質問
お役立ち情報

「阿蘇のメイスイ」製造・販売 丸富産業株式会社
〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南3-15-12 B1F
   TEL:045-271-1188  FAX:045-482-9077

宣伝水Rは丸富産業株式会社の登録商標です。
Copyright (C) Marutomisangyo Corporation. All Rights Reserved.